お年寄りの生活を手伝う

介護福祉士の今

今の日本は高齢化社会と言われていますね。お年寄りの数がとっても多くなっている事です。これは悪い事ではないのですが、こうなってくると問題が発生してきます。それは介護と言う部分です。高齢化社会の中介護福祉士の現状はどのようになっているのでしょうか。

介護福祉士は不足している

介護福祉士の現状と言うのは全然足りていない状況なのはご存じでしょうか。
高齢化社会になって、お年寄りが増えてきます。元気なお年寄りの方も沢山いらっしゃるのですが、中には介護が必要なお年寄りも沢山いらっしゃいます。しかし、介護が必要なお年寄りに対して十分な介護を行えているかと言えば答えはNoなのです。

介護福祉士の待遇

ナゼ、介護福祉士は不足しているのか、これを解明しなければこれからさらに高齢化社会になる日本では大変な事になるのではないでしょうか。
介護福祉士の不足原因は色々な理由があると思いますが、中でも給料の安さも原因の一つになっています。
介護の仕事は実際にやってみないと分からないぐらい大変な仕事です。その大変さに対して十分な待遇処置がとられていないのも現実問題なのです。

新しい介護福祉士は誕生しないのか

介護をする為には資格が必要となってきます。資格を取得して介護福祉士となるのです。これは専門学校などで勉強して取得する事が出来るのですが、介護福祉士になる為の専門学校は沢山あり、福祉に力を入れていると感じられるのですが、実は定員割れをしている専門学校が多く存在するのです。
少子化で入学をする人が少なくなっている事や、専門学校が多くなってしまったのも原因と言われています。しかし、これでは新しい介護福祉士が誕生しなくなってしまいます。

check

シェアハウス 女性
http://www.common-share.com/

最終更新日:2017/1/30