お年寄りの生活を手伝う

生活と介護

ちょっとした段差が事故原因

日本の家屋には、部屋と廊下の間の小さい段差から、玄関、階段などの大きいものまで、段差がいくつもあります。介護を必要とする人にとっては、この段差が移動の妨げになったり、転倒事故の原因になりやすいのです。理想的なのは、道路から玄関までの段差をなくし、玄関と同じ高さに寝室、浴室、トイレがある、という造りですが、日本の家屋や住宅事情を考えますと、なかなか難しいでしょう。家の中で特に注意したい段差は、敷居や戸の下枠、浴室の洗い場、脱衣室の段差、玄関の上がりかまち、階段になります。階段を除く、その他の段差はできる限り解消できるるように配慮しましょう。

段差をなくして転倒防止

部屋と廊下の間は、和室の場合、3cmほどの段差がほとんどの家であると思います。これは木片などを使って小さなスロープを作り、解消しましょう。敷居表面の凸凹の溝は、M字型レールなどのフラットレールを埋め込み、さらに引き戸の下に戸車を取り付けましょう。

介護を楽にする玄関の工夫

玄関の上がりかまちは家屋によって異なりますが、通常10〜24cmの段差があります。大がかりに改造できる場合には専門の業者に依頼し、車椅子専用の油圧式昇降機を取り付ける方法もあります。スロープを取り付ける改造は多く使われていますが、車椅子での昇降を安全に行うことのできる勾配は限度があります。車椅子を自分で操作して通行するための理想的なスロープは、高低差の12倍程度の距離が必要になります。もちろん介助する人にとっても、スロープの距離が長く、勾配が緩やかなほうが良いです。もし、大きな段差の所にスロープを取り付けるなら、傾斜が急になりますので、老人が自分で車椅子操作するときは、あわせて手すりも取り付けましょう。スロープが取り付けられない場合は、簡単に取り外しできるレールも市販されていますので、利用してみましょう。もっとも簡単な段差解消の方法は、玄関に椅子を置いて、お年寄りが一度椅子に座ってから上がりかまちに足を上げてそこから立ち上がるという方法です。この場合には、椅子の高さを本人に合った高さにします。実際に本人に立ち会ってもらい、ちょうど良い高さにしましょう。その他にも、踏み台を利用し、玄関の段差を文割して昇降しやすくする方法もあります。どうしても玄関から出入りが難しいようなら、縁側などの別の入り口を設定して工夫する方法もあります。

介護を楽にする手すりの場所

手すりがあると、手で身体を支えることができるので、手足が不自由な人ばかりでなく、一人で歩くことができる人も動作が楽になるのです。また、介助する人にとっても、お年寄りを支える力を軽減できるため、とても役立ちます。手すりを必要とする場所は次のような所です。

  • 立ち上がる動作が必要な所「トイレ、浴室」
  • 乗り越える動作が必要な所「敷居、階段」
  • 方向転換などでバランスを崩しやすい所「踊り場、玄関」
  • 長い距離を歩く必要がある所…「廊下」
  • 滑りやすい所…「浴室」

場所によって材質・方向を変える

手すりは壁材を支えている下地にしっかりと取り付けます。下地に取り付けができない場合は、壁に補強板を固定してそれに取り付けます。手すりの材質、取り付ける方向は、場所によっては考える必要があります。一般的に、金属性より木製のほうが肌触りがよく、つかみ心地も良いのですが、浴室やトイレなどの湿気が多く、汚れやすい場所には木製の手すりは向いていません(木製の手すりは取り付けてから乾燥して曲がったり、握ると回転してしまうものが多いので、十分に乾燥した質の良い物を選んでください)。手すりの方向は、どういう動作を補助する目的があるかでかわります。移動を補助する場合は水平方向に、立ち上がる動作を補助する場合には垂直方向に取り付けます。また、ドアなど、立ち止まって動作を行う所には、つたい歩き用の水平方向のものとは別に、ドアの隣に垂直方向の手すりを付けてください。

お年寄りの身体状況に合わせて取り付ける

手すりの高さは、一般的には水平方向のものは床面から約80cm、垂直方向のものは床面から約80〜140cmの所(肩の高さ…よりやや低め)に取り付けましょう。但し、本人の身体機能や住宅の状況などによって変わりますので、できるだけ何度か立ち会ってもらい、適切な高さに設置するようにしましょう。できればリハビリの専門家にも相談しましょう。手すりと壁の間隔は、手すりを握ったときに指が壁にこすれない程度の、4〜5cmが妥当です。太さは、本人の握力や手の大きさにもよりますが、32〜38mmぐらいのものが、しつかりと握ることができ、安全です。また、手すりと壁をつなぐパイプは、手すりと水平に取り付けると歩くときに邪魔になりますので、L字の連結にしたほうが良いです。

階段には必ず取り付ける

お年寄りにとって、階段はもっとも注意したい所です。年とともに足腰の力が衰えて、階段の昇り降りの際に踏ん張ることができず、転倒する危険性がとても高くなるからです。手すりが付いていれば手で安定を保ち、身体の支えになりますので、安全であるとともに、体力的にも楽に階段昇降ができるのです。十分な幅があれば両側に付けたほうが良いのですが、それが無理なら、片側だけでも必ず手すりを付けましょう。その際に、手すりの長さは階段の端から30cm以上長めにし、末端は壁に差し込むか、壁側に曲げるようにしましょう。そうしないと服を引っかけて転倒の原因になったり、腰をぶつける可能性があるのです。また、丸みを付ける工夫も必要になります。

お年寄りの部屋には自然な光を

昔から「太陽が入らない住まいには医者が入る」と言われているように、自然の光が室内に入ることはとても大切な事なのです。太陽の光は暖かく、殺菌力があり、新陳代謝を促すなどのさまざまな利点があります。お年寄りの居室には、太陽の光が降り注ぐ明るい部屋を当ててあげましょう。但し、窓が大きいと、冬場には暖気が逃げやすくなりますので、防寒対策をしっかりとしてあげる必要があります。微妙な明るさの違いは人間の精神状態に大きな影響を与えるものです。お年寄りは若い人に比べて目が悪いわけですから、部屋の明るさには特に気を配ってあげましょう。

recommend

屋形船
成人式の前撮りをしよう
水素 サプリ

Last update:2017/3/17